« 優しいママさん | トップページ | TSP杯 »

白い春(最終回)

ずっと気になっていた「白い春」の最終回。

切な過ぎました。特にさちの絵の展覧会で二人の父親と一緒のさちの幸せそうな絵を見つめる阿部寛ら三人の演技。あれは演技ではない。演技以上の演技でした。目をうるませる二人の父親、そしてのりこの妹。ウルウル・・・・(´;ω;`)ウウ・・・

ここまできたら後はハッピーエンドを期待しますが、期待は裏切られました。・゚゚・(≧д≦)・゚゚・。またパン屋で一緒に働くというストーリーを誰もが想像したことでしょう。

最後は悲しすぎました(´;ω;`)ウウ・・・

あの壮絶なる最後・・・救急車での搬送、手術、助かるというストーリーも裏切られました。

以外な結末を迎え、誰しも涙でグシャグシャになったのではないでしょうか(;ω;)

久々に感動し興奮し、おかげで夜眠れませんでした。

今日も仕事中思い出しては、涙をこらえる私なのでした(*´v゚*)ゞ

|

« 優しいママさん | トップページ | TSP杯 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 白い春(最終回):

« 優しいママさん | トップページ | TSP杯 »